北海道の招き猫たち その3
 

長万部温泉のフロントネコ
 長万部温泉郷の長万部温泉ホテルの玄関を入るとたくさんの招き猫がまず最初にお迎えをしてくれます。左側のフロントでは受付ができないほど並んで歓迎してくれます。正面(ここがメインステージ)、右側と全部招き猫です。写真の視野外にも実はまだいるのです。コレクションで集めているうちに今のような状態になってしまったそうでまだ増殖中です。
 宿泊以外にも銭湯を併設しているので入浴だけも可能です。旅行中の入浴ついでに招き猫たちに会いに行ってはいかが?入浴料360円

  
    長万部温泉ホテル 玄関に入って左側
玄関を入った正面 玄関を入って右側


釧路フィッシャーマンズワーフ内に生息する招き猫
 毎夏釧路あたりで滞在しているのにフィッシャーマンズワーフは一度も行ったことがありませんでした。観光客目当ての大型おみやげ店程度にしか思っていなかったためです。今年初めて館内に入ってみると招き猫が生息しているではありませんか。コンクリートの梁の上に、高崎張り子の猫に絵付けをしたと思われる猫が3匹います。これ以外にもゲームセンター脇には蝶ネクタイ姿の招き猫が客と小銭を招いています。
 (おまけ)
   もし夜に行ったら、ぜひ夜景を見ましょう。ちょっと埠頭の先へ行き、幣舞橋(ぬさまいばし)方向を眺めるとなかなかの眺めです。

 上左  梁の上の招き猫3匹
 上中  いちばん左側の猫
 上右  ゲームセンターの招き猫

 下左  幣舞橋方向の夜景