鴻巣練り物 太刀屋(新)   


                                                    太刀屋(旧)はこちらから
編集途中の暫定版です

鴻巣練り物
 種類:練り物
 制作地:埼玉県鴻巣市人形
 現制作者:大塚文武・雅道

  大塚七五郎(初代 安永・天明)・・・・大塚安八(2代目 寛政・享和)・・・・大塚安兵衛(3代目  ー天保12年)・・・・大塚伊兵衛(安兵衛)(4代目 ー明治13年)・・・・大塚安兵衛(5代目 ー大正2年)・・・・大塚高助(6代目 −大正15年)・・・・大塚國造(7代目 −昭和19年)・・・大塚忠雄(8代目 大正4年−昭和61年)・・・・大塚文武(9代目 昭和18年− )・・・・大塚雅道(10代目 昭和48年− )

太刀屋の練り物
 鴻巣練り物の招き猫といえば、旧作以外では秋元人形店と臼井常吉商店の猫がよく紹介されていた。
 太刀屋は歴史のある人形制作・販売店であるが、全国郷土玩具ガイド2(畑野栄三、1992)でも菖蒲太刀が紹介されているのみで、招き猫尽くし (荒川千尋・板東寛司、1999)にも掲載されていない。したがって当時招き猫としてはまったく埋もれた存在になっていた。1998年に偶然見かけ、1999年に日本招き猫倶楽部の会報「福の素」(福の素No.25)で紹介した。
 現在「たちや」では大塚文武氏により招き猫が制作されている。「たちや(太刀屋)」は安永年間の大塚七五郎から、安八→安兵衛→伊兵衛(安兵衛)→安兵衛→高助→國造→忠雄→文武(当代)→雅道と受け継がれてきた。

たちやの招き猫の種類は小々(6.5cm)・小(9.4cm)・中(13.2cm)・大(17cm)・大々(23cm)の5種類をサイズがある。また白猫以外に黒猫がある。ただし大々のみ黒猫はない。いずれの型も先代が制作したものである。
 大々は現在全国で制作されている練り物の招き猫としては最大級のものと思われる。

            
            太刀屋


太刀屋の白猫  後列左から大々、大、中、前列左から小、小々
太刀屋の黒猫  後列左から大、中、前列左から小、小々





 

大塚家「太刀屋」の招き猫とタネ
      型は左から中、小、大、大々



大々
白猫に黒(灰色)と茶(オレンジ)の斑 左手は別づくり
赤のリボンと鈴 背面に斑なし
高さ mm×横 mm×奥行 mm

基本的なつくりはサイズにかかわらずほぼ共通

左手挙げ
白猫に黒(灰色)と茶(オレンジ)の斑
背面の彩色はなし
丸目で黄色の目に黒の瞳
ツメと口は赤で描かれている
赤いリボンの首玉に鈴
大々のみ手が別づくりになっている
ツメと口は赤で描かれる  



 
高さ mm×横 mm×奥行 mm
左手挙げ
白猫は黒(灰色)と茶(オレンジ)の斑
背面の彩色はなし
丸目で黄色の目に黒の瞳
白猫のツメと口は赤、ひげは灰色で描かれている
黒猫のツメと口は白、ひげは黄色で描かれている
赤いリボンの首玉に鈴




 
高さ mm×横 mm×奥行 mm

左手挙げ
白猫は黒(灰色)と茶(オレンジ)の斑
背面の彩色はなし
丸目で黄色の目に黒の瞳
白猫のツメと口は赤、ひげは灰色で描かれている
黒猫のツメと口は白、ひげは黄色で描かれている
赤いリボンの首玉に鈴


 
高さ mm×横 mm×奥行 mm

左手挙げ
白猫は黒(灰色)と茶(オレンジ)の斑
背面の彩色はなし
丸目で黄色の目に黒の瞳
白猫のツメと口は赤、ひげは灰色で描かれている
黒猫のツメと口は白、ひげは黄色で描かれている
赤いリボンの首玉に鈴


小々  
高さ mm×横 mm×奥行 mm


左手挙げ
このサイズのみ白猫の斑は黒で描かれている
背面の彩色はなし
丸目で黄色の目に黒の瞳
白猫の口は赤、ひげは灰色で描かれているがツメは描かれていない
黒猫のツメと口は白、ひげは黄色で描かれている
首玉は細い紐になり鈴がつく





 太刀屋の招き猫のタネ(原型)
 桐製で大々のみ手が分離している。表面についている白いものは、かま型を作ったときの雲母(雲母)と思われる。
1998年に聞いた話では職人が木型を作ったということであったが、
 張り子と異なり、かま型以外では使用しないので痛みは少ない。

埼玉県民俗工芸調査報告 第14集 鴻巣の赤物(埼玉県立民俗文化センター、2003)の調査リストによれば、太刀屋では古い招き猫あるいは猫の原型として次のものが確認されている。ただし、他産地のものはタネとして使用されたかは不明。現在制作されているものは含まれていないようである。番号は報告書の番号で実測図が掲載されているのはリスト100の1点のみである。
 残されている型だけでもかなりの種類が制作されていた可能性がある。
 また、鴻巣の練り物(古作)でタイプEとした貯金玉タイプの招き猫は113番の招き猫である可能性がある。

 招き猫尽くし(荒川千尋・板東寛司、1999)に掲載されている赤物2点は横座りタイプで高さが4.5cm、5cmと小型である。おもちゃ通信200号(平田嘉一、1996)の赤物は前者2点とはタイプが異なり、大きさも7cm×5cmと少し大きくなる。

  番      名称    大きさ        備考        
100  招き猫 高さ120mm×横58mm×奥行80mm     
101 招き猫 高さ105mm×横65mm×奥行70mm  
102 招き猫 高さ142mm×横65mm×奥行65mm  
103 招き猫 高さ90mm×横50mm×奥行52mm 猫赤物の墨書き 
104 招き猫 高さ80mm×横52mm×奥行43mm  
105 招き猫 高さ45mm×横25mm×奥行20mm  
106 招き猫(頭) 高さ90mm×横70mm×奥行78mm  
107 招き猫(手) 高さ120mm×横30mm×奥行35mm  
108 招き猫(手) 高さ70mm×横20mm×奥行25mm  
109 招き猫 高さ70mm×横57mm×奥行40mm 他産地土人形
11 招き猫 高さ90mm×横60mm×奥行45mm 他産地土人形
111 招き猫 高さ25mm×横80mm×奥行50mm 他産地土人形
112 招き猫 高さ110mm×横55mm×奥行55mm 他産地土人形
113 招き猫 高さ135mm×横80mm×奥行70mm 他産地土人形 貯金玉
114 招き猫 高さ155mm×横65mm×奥行65mm 他産地陶人形
115 高さ75mm×横55mm×奥行27mm 馬乗り姿
116 高さ65mm×横105mm×奥行60mm 他産地土人形 寝姿
 ※番号は埼玉県民俗工芸調査報告に準じる    


太刀屋の招き猫 タネ(原型の木型)
左より中、小、大、大々の木型
大々(だいだい)   このサイズのみ左手は別づくりになっている
 
 身体と手は一体化している


大々 木型


大 木型  


中 木型  


小 木型  


 

 制作者不明の古作招き猫  
丸目であるが目の上の縁取りがある 左手挙げ
白猫に淡い黒の斑 尻尾の彩色なし
 高さ129mm×横73mm×奥行80mm

貯金玉などでよく見られるタイプで
現在、鴻巣では見かけない型で、
現代的な形状である。
状態はよくない。
リボンも鈴も当時のものであると思われる。
太刀屋製である可能性もある。
 



 太刀屋の招き猫と出会ったのは偶然からだった。それについては鴻巣の招き猫太刀屋(旧)を参照されたい。ただし当時勘違いしていたところもありますがそのままにしてあります。
        太刀屋(旧)はこちらから
  

1998年当時の太刀屋  
   
『たちや』外観  
   
 獅子頭、赤天神、虎なども見える  『たちや』の招き猫群(右はウサギ)

太刀屋(旧)を見るとわが家には黒猫は一匹もいませんとあるが
勘違いですでに入手済みであった。

1998年11月15日に大々と1999年1月9日に大〜小々の購入記録が残っていた。
1996年から1999年までは丹念に購入記録を付けていたがそれ以外は記録がない。
2004年11月にも購入したようなので黒猫はそのときに購入したものと思われる。





参考文献
招き猫尽くし (荒川千尋・板東寛司、1999 私家版)
全国郷土玩具ガイド2(畑野栄三、1992 婦女界出版社)
おもちゃ通信200号(平田嘉一、1996 全国郷土玩具友の会近畿支部)
埼玉県民俗工芸調査報告 第14集 鴻巣の赤物(埼玉県立民俗文化センター、2003)
さいたまの職人 民俗工芸実演公開の記録((埼玉県立民俗文化センター、1991)
福の素25号(日本招猫倶楽部会報、1999)
日本郷土玩具 東の部(武井武雄、1930 地平社書房)