富山土人形 土雛窯            

富山土人形
 種類:土人形
 制作地:富山県富山市
 現制作者:土雛窯
 
 

富山土人形の渡辺家3代目渡辺信秀には土人形づくりの後継者がいなかったために、富山市では1983年(昭和58年)より渡辺信秀氏を講師として人形づくりの受講生を募り「とやま土人形伝承会」を結成した。富山の伝統的郷土玩具を守り伝え、人々に紹介するため、1993年(平成5年)に呉羽丘陵にある富山市民俗民芸村内に「とやま土人形工房」がつくられた。
 1997年(平成9年)、渡辺信秀氏が83歳で高齢のため廃業宣言し、富山土人形は事実上終焉を迎えた。その後伝承会に受け継がれてきた型・技法により「とやま土人形伝承会」によって制作が続けられた。
 1999年(平成11年)に富山土人形の当時の制作方法を忠実に継承して制作するため「とやま土人形継承会」より独立して「土雛窯」として土人形の制作を始めた。当時の土人形をもとに型起こしからおこなっているため、できあがりは若干小さくなる。渡辺信秀氏に指導を仰ぎ、2003年(平成15年)渡辺氏他界後も渡辺家以外の型の富山土人形も含め積極的に制作している。


  高さ   mm×横   mm×奥行   mm




   高さ   mm×横   mm×奥行   mm



子福猫 (前の両手招きの仔猫は取り外せる) 
   
   
 
高さ   mm×横   mm×奥行   mm
子福猫の子ども部分  
            
高さ   mm×横   mm×奥行   mm








参考文献
郷土人形図譜「富山人形」 (日本郷土人形研究会、2003 郷土人形図譜第U期第4号)
招き猫尽くし (荒川千尋・板東寛司、1999 私家版)
日本郷土玩具 東の部(武井武雄、1930 地平社書房)
「鯛車 猫」(鈴木常雄、1972 私家版)
郷土玩具図説第七巻(鈴木常雄、1988覆刻 村田書店)
全国郷土玩具ガイド1(畑野栄三、1992 婦女界出版社)
おもちゃ通信200号(平田嘉一、1996 全国郷土玩具友の会近畿支部)