目呂二の招き猫 その2 招き猫の灰皿

 目呂二の招き猫は芸者招きが有名だが他にも招き猫を製作しています。これは初めて見るものでほとんど知られていないのではないでしょうか。上目遣いのなかなか愛らしい猫です。
 この招き猫のアイデアはおそらく今戸人形の火入れがもとで、それを目呂二流にアレンジしたのではないかと推測されます。趣味の猫百種にも今戸人形が見られますので当然この火入れも持っていたと思われます。大きさもほぼ同じくらいです。今戸人形の泥臭さとは異なり、博多人形のような華やかな彩色がおもしろい招き猫です。背中には5cm程の孔が開けられており、タバコの受け口が付けられているそうですので、明らかに灰皿を意識して製作されたものと思われます。
 下の画像は目呂二関係者の所蔵品で傷や筆の流れから「猫の手帳」掲載のものと同一品と思われます。腰の赤い模様は牡丹ではないでしょうか。構造社展に出展された灰皿は清原ソロさん所蔵のもので首玉に模様がなく、首の鈴の下(左前足付け根)付近に茶色の斑点が描かれています。
 この灰皿は構造社展の図録によれば、素焼きに着彩で、大きさは17.0×16.0×11.0とあります。
 

             
   目呂二作 招き猫の灰皿(火入れ?)
   高さ17.0cm
 参考 吉田義和作「いまの人形」

追記(2006年6月28日)
 構造社展に出品されて招き猫の灰皿の画像です。資料性を高めるため少し大きめのサイズにしてあります。裏面の穴を見ると以前Uさんに指摘されたようにタバコ受けがあり、明らかに灰皿であることがわかります。
 裏を見ると今までわからなかった○に友の文字が刻んであります。おそらく今戸の丸〆をもじったものではないでしょうか。「友」の「ナ」の部分は〆に似ていますし、もしかすると「友を丸くまとめる」といった洒落なのかも知れません。裏底には猫珍奇林作と猫の足形が描いてあります。

  

 猫珍奇林作