またまたたま駅長に会いに行く(にたま偵察編)
                                                                               2012年3月29日
 2年ぶりの中野ひな市。ついでなのでちょっと寄り道をしていこう。まずは和歌山まで足を伸ばしてたま駅長。残念ながら今日は二代目たまの「にたま」は休業日。今回は貴志駅を往復するだけなので一日券を購入せず切符を購入。

     
 いちご電車到着 近々木祭りがあるようだ   
     
 おなじみ伊太祁曽駅  これがたま自転車レンタサイクル 女性運転手が多い
     
たま張り子?  たま色鉛筆画?   
     
 ここが「にたま」の駅長室  にたまタワー 横移動もできる 
  にたまは伊太祁曽駅長を務め、
日曜は貴志駅の駅長代行を勤めている 。
長毛種でなかなかキュートな感じだ。
人気が出るだろう。








 
     伊太祁曽駅長就任にため売り出し中

 和歌山電鐵は木の枕木を使っている。これはこれでけっこう保守点検が大変なのではないだろうか。

     
 駐車場はいっぱい  木の枕木を使っている  
     
   たま電車到着 サポーター 

 また運良くたま電車で終点貴志駅まで。車内を楽しみます!
     

     
 ワンマンカーです    
     
   近いうちにニタマもデビューか?  
     
    メイプルの背もたれ 
     
 ゆとりのシート    平日でも観光客はけっこういる

        
 貴志駅では何やらイベントをおこなっている。もう最後の見送りに近いところだった。でも聞いてしまった。何やらお兄さんが「たま駅長(代理)が追いかけていってこける」。
 さて見送り本番。花束を渡し前おねえさんはたま電車で去っていった。駅長代理は追いかける。そして、こけた!!そこまでやるか。でもご苦労様。
 このおねえさん方は『紀ノ川ぷるぷる娘』といって1年任期で沿線地域の広報活動を任されているようだ。

     
今年は桜には少し早かった     
     
 何やらイベントをやっている  お見送り  おねえさんが花束をもらっていた
     
   たま駅長代理もお見送り  ご苦労様でした
     
 去っていった 追いかける駅長代理、そして・・・   お疲れ様でした
     
 猫好きおねえさん  ただの三毛猫?いえ駅長です  おねえさんと駅長と撮影者
     
 片付け中、赤絨毯も敷かれていた  「紀ノ川ぷるぷる娘」引き継ぎ式だったのか スタンプ台も猫足だった 
     
 駅長のオーナー小宮商店  陽が傾いてきた  
     
 駅長室  駅長室終了  
     
 こんな店も近くにあります    たまバン
     
   小宮商店もお帰り  


 陽が傾いてきたので帰るとしましょう。まだ少し時間もあるので伊太祁曽神社に寄る。4月1日に木祭りがあるようで準備が始まっていた。社務所も閉まり、境内は日陰になっている。
 せっかく来たので木俣くぐりをやってみる。途中でひっかかったら恥ずかしい。でも余裕余裕。

     
  さて帰るとしよう   
     
 夕暮れ時の二の鳥居?   これは何? 
     
 木俣くぐり  もちろん通れましたよ  
   
   木俣くづり説明板
     
 駅の近くで分譲中  わが家の近くならこの5倍?  

 駅の近くで分譲中。これで2000万ちょっとか・・・・・。わが家の近くでこのぐらいの土地で中古注文住宅が1億超えていたんじゃなかったかな。

 さて次の目的地小松に夕暮れの町をあとにするのでした。

 
  おまけ画像

     
 わが家は正面のマンションより手前にある そのような一角ある打ち放しコンクリートの建物  
     
 以前から前を通るたびに気になっていた。入り口にはたしか金属のリスがいたはずだが今はいない。  
     マンションと思っていたがこの建物・・・・
その名もM・HOUSE
 裏手 脇の入り口   
 実はこの建物、たま電車や貴志駅舎の
デザインをはじめ、数々のJR九州の
車両デザインをした
工業デザイナー水戸岡鋭治氏の
ドーンデザイン研究所なのだ。
 以前前をよく歩いていたときは
入り口に金属製のリスがいて
デザイナーズマンションかな?
としか思っていなかった。

 何とわが家から歩いて7〜8分のところに
たま電車の故郷があったのだ。
   
   水戸芸術館で開催されている水戸岡鋭治の鉄道デザイン展のポスターがあった


 今回は文字は少なめね。画像を楽しんで!