またまたコロナ禍でも深大寺だるま市へ出かける         

 2022年1月24日、深大寺だるま市のページを設定する。
 中野ひな市同様、3回目のコロナ禍の元の深大寺だるま市となった。ひな市より1ヶ月近く早い時期なのでかなり危うい状況だが今年も当日までの過程を記録することとする。


     事前情報(ここ)
     本編(3月3日)へ


 コロナウィルスの感染は落ちついていたが、初詣は「分散初詣」となった。
   
 達磨土鈴の授与は境内ではなく門前の「深大寺窯」となった。
    

 節分会の「豆まき式」などの自粛(中止)
   


2月17日
 深大寺のだるま市に関して情報が出た。しかし「お練り行列」の中止や目入れ所の時間などで、達磨の販売に関しての情報はない。寺が市を開催しているのではないからだろう。情報を見る限り昨年と同じような形態で開催されるようだ。
   
               
   




またまたコロナ禍でも深大寺だるま市へ出かける 本編
                                                                      2022年3月3日(木)

 またまた深大寺だるま市の季節がやって来た。新型コロナウィルスの感染拡大も3年目となった。一昨年はお練りも中止、政府の唐突な全国一斉休校で現場もあたふたしている時期だった。昨年もお練りは中止で規模を少し縮小して開催。さすがに3年目になると感染は収まっていないがだんだん手慣れた感じの開催となってきた。しかし寺のお練りは3年続けて中止となってしまった。
 メロ君の調子があまりよくない中、出かけて行く。少し出遅れた。目指すは神代植物公園第2駐車場。到着は8時半近くになっていた。駐車場はいつもの雰囲気とは違う。業者のトラックが駐まっている場所が封鎖されてテントやプレハブなどが建っている。新型コロナウィルスのワクチン接種会場になっているようだ。
 接種会場を横目で見ながら深大寺へ向かう。

今年も出遅れた。現地に到着すると
8:30近くになっていた。
平日ということもあり
まだ駐車場は空いている。
いつもなら業者のトラックが駐まっている
場所にテントやプレハブの
建物が建っている。
新型コロナウィルスの
ワクチン接種会場になっていた。
係員に誘導で脇道から深大寺へ向かう。
  まだ駐車場は空いている 落ち葉を踏んで深大寺へ向かう
都のワクチン接種会場 神代植物公園脇の武蔵野らしい小路 まだ坂の露店は準備中
順路は無視して会田さんの店に向かう ひげ達磨抱きを見る
岐阜のNさんが完全復活していた。
すでに買いものを済ませ余裕の表情。
昨年Nさんの注文に便乗した
ひげ達磨抱きの招き猫もできていた。
どうも特注で3体制作されたようだ。
やはり猫ものは人気
帰宅してから気がついた。
干支もの選びと達磨抱きに気をとられて、
今年の干支ものの画像を撮り忘れていた。
山門から出直し 今年はウメの開花が遅い
御朱印は紙は配布 本坊旧庫裏も中は寂しい
だるまの目入れは9時から。御朱印も
今年もお練り中止で供物がないので本坊旧庫裏の中もがらんどう。
本堂の達磨もマスクでウィルスに対抗
本堂に参拝





 購入した猫を預けたまま元三大師堂に向かう。コロナの影響か時間の関係か堂の前は空いている。

ウメの開花が遅いので寂しい。
元三大師堂に向かう。
今年もだるまの目入れは
堂の中でおこなっている。
まだ並んでいる人はほとんどいない。
大師堂へ向かう 大師堂前
参拝を忘れた! お焚き上げ所
こんな感じで目入れをしていただく 少しだけ列が伸びてきた

 撮影をしていたら、うっかりして元三大師堂に参拝するのを忘れていた。達磨の露店に戻る

毎回会田さんの干支もの狙いに
なってしまっているが
根岸家の猫も
まだ入手していないものがある。

未入手の猫のチェックが必要だ。
根岸さんの店
内野さんの猫も同じ。
型はあるというので頼まないといけないと
この時期になると思うのだが、
いつもそのまま1年がたってしまう。
内野さんの店
かなり多数の店が出ているように見えるがそれでも従来よりは減っている
山門近くの灯籠は江戸時代の寄進 預けていた猫を受け取りに戻る
裏手には出番を待つ猫たちがいる
定番高崎張り子の招き猫 これはどこの猫かな? その場で文字入れもしている
干支の寅達磨があった。
申のゴリラは目立つが、
あとから画像をよく見ると
いろいろな干支があるようだ。
来年はしっかり見てこよう。
猫ではなく寅 似ているが微妙に異なる

 メロ君が心配なので早めに帰ることにする。

今年はウメの開花が遅くまだちらほら。
山門も少し混んできたがこんなもの。
少し混んできた 坂道を登って駐車場の戻る
こだわりがなければ元三大師堂につながる
この深大寺乾門(西門)からが近い。
深大寺乾門(西門)
今年も深大寺動物霊園に寄っていく 動物供養の萬霊塔 十二支観世音菩薩
十二支観世音菩薩の光背と台座に
十二支が彫られているということだが
光背の十二支はわからなかった。
今年はウロウロしているネコ君に会えず。
     
深大寺植物公園は
新型コロナウィルスの影響で臨時休園中

深大寺植物公園の深大寺門近くにある
深大寺北門を入ると開山堂がある。
笹やぶの隙間から下の様子が見える。
タイムカプセルがあった。開封は2088年。
封印した人たちはみんな生きていない。
当時の資料をきちんと残しているのかな?
臨時閉園中の深大寺植物公園 深大寺北門を入る
開山堂 下に見えるのはだるま市 2088年開封のタイムカプセル
駐車場に戻ってきた。
東京都神代植物公園ワクチン接種会場は
2月27日から自力移動が困難な方を対象に
接種をおこなっているようだ。
大きなテントの下で車ごと待機できるようだ。
大きなテントは受付兼待機場所  
駐車場は満車になっていた
     すでに満車



 今年の収穫

横座り招き黒猫と白虎
白虎を抱く黒猫。猫は正面向きと横座りがあったが
横座りタイプを選択した。
白虎なので猫は黒猫だけだったはず。
出遅れたのでもしかすると白猫もあったのか?
なぜ白虎なのか聞き忘れた。


前座り猫と寅
前座りの白猫(黒斑)と寅が並んで座る。
猫は招いていない。
白虎もそうだが実際のトラと同じように
耳の裏側に白い斑点がある。


ひげ達磨抱き招き猫
  全国郷土玩具ガイド2(畑野栄三)裏表紙より
昨年、岐阜のNさんが注文するとき
便乗して制作依頼したもの。
かつて会田家で制作されたものだが
最近はつくっていなかったようだ。
ひげは人毛ではない。
昔のものとは招き猫のタイプが異なるようである。
今回3体つくられたようである。

    

九尾の狐
なぜ多摩張り子で九尾の狐なのかは不明。
稲荷の「小」をもとに彩色したもの。
デザインとしてはおもしろい。
那須のお土産としても売れそう。


 なお、今回販売されていた猫の旧デザインのものを制作依頼しようかと思っている。ひげ達磨より制作しやすそうな気がする。問い合わせにどのような回答があるだろうか。まずは手元にある画像を探さなくてはならない。

 3年続けてのコロナ禍の中のだるま市であったが、来年こそ制約なしで開催されることを願うばかりである。