帖佐人形      編集中

帖佐人形
 種類:土人形
 制作地:鹿児島県姶良市(旧 姶良郡姶良町)
 現制作者:折田貴子
  折田太刀男・・・・折田貴子

 文禄慶長の役の際、朝鮮から連れ帰った陶工が帖佐村に窯を開いて帖佐焼を始めると共に人形制作を始めたのが始まりといわれている。
 姶良市の帖佐人形パンフレットによれば、最盛期の大正年間には40あまりの窯元があった。大正から昭和初期には窯が集中していた高樋集落付近には前田万吉、北村宗迪、池田彦三郎、d松弥太郎、島田直次郎、柳田岩熊、折田半次郎、永井満男、山口喜之丞、折田熊次郎、森仙次郎、八代彦熊の制作者の氏名が見られる。また日本郷土玩具 西の部(武井武雄、1930)には柳田岩熊、池田彦熊、山田喜之亟、島田直次郎の制作者がみられる。需要は近隣が中心で遠方を販路を有するのは柳田岩熊のみであったという。戦前でその制作は途絶えた。全国郷土土人形図鑑(足立孔 1982)では戦前で廃絶し、当時の制作者として、柳田岩熊、池田彦三郎、山口喜之丞、島田直次郎、d松弥太郎、d松伝の氏名が見られる。
 1952年(昭和27年)d松伝(あべまつつたえ)によって一時復活するが廃絶する。1970年(昭和45年)折田太刀男・湯田晃ら有志によって帖佐人形保存会が結成され帖佐人形が復活した。その後、折田太刀男により制作が続けられ、現制作者に引き継がれている。型は伏見系のものが多い。

 過去の記録を見ると1998年の3月に九州を回りいろいろな制作者を訪ねている。その際に折田さんのところにも寄っている。残念ながら折田貴子さんは不在であったが家人に対応していただいた。残念ながら猫の在庫がなく、飾り犬を購入した。


尻尾は虎柄
裏の彩色は耳以外ない
底はない
現制作者折田貴子により
1990年代に制作された小型の座り猫

高さ80mm×横70mm×奥行49mm

左の大正から昭和初期にかけての窯元と比較すると
現制作者の住所付近に「折田半次郎」の名前がある。
現制作者の関係者であるかは不明。
帖佐人形パンフレット(姶良市)より

   

古作の座り猫 
高さ170mm  
裏側は耳も塗られていない 裏の彩色はなし
 
尻尾の黄色は退色しているが、黄色と黒の虎柄

          ※古作の画像7枚は名古屋のNさんによる







 なお。帖佐人形に関しては次の姶良市のHPが詳しい。
        「素朴に凜々と心つなぐ帖佐人形」(姶良市HP)


参考文献
「帖佐人形」パンフレット 姶良市歴史民俗資料館
日本郷土玩具 西の部(武井武雄、1930 地平社書房)
全国郷土土人形図鑑(足立孔 1982 光芸出版)
全国郷土玩具ガイド4(畑野栄三、1993 婦女界出版社)
おもちゃ通信200号(平田嘉一、1996 全国郷土玩具友の会近畿支部)