江戸小物玩具 鈴幸   

 編集途中の暫定版です

江戸小物玩具
 種類:練り物・他
 制作地:埼玉県越谷市
 現制作者:鈴木謙
 
鈴幸人形店
 鈴木幸之助(初代  −1988)・・・・鈴木謙(2代目)
 鴻巣練り物の流れをくむ練り物。型は鴻巣と同じものもある。
 初代は浅草の江戸小物玩具店で修行した。浅草小島町でひな人形の頭づくりを専業としていた。関東大震災後に越谷に転居して取引のあった吉徳の奨めでで練り物人形を制作した。小豆粒ほどの極小雛から犬張り子、達磨、蛸などをつくった。犬張り子も張り子より手間のかからない練り物に切り替えていった。戦後は輸出用の小さな練り物を盛んにつくった。それらが売れなくなると達磨をつくるようになった。鈴幸の達磨にはおもりが入れられて起き上がりになっていた。
 鈴幸では現在も練り物と張り子を制作している。張り子は犬だけで、練り物は数多く制作されていて神社のお守りとして授与されているものもある。現在生地作りは岩槻の木目込み人形の生地作り店に依頼し、鈴幸では彩色をおこなったいる(2003)。
 縁起物店や土産店に卸されている以外に神社の授与品にも用いられ、どれが鈴幸製であるかは型を知らないと判別は難しいかもしれない。


 下の達磨抱き招き猫はおそらく30年ほど前の1990年代初めに浅草で購入したもの。現在のものと基本的な彩色は変わらないが、面相は若干違いがある。はたして描き手による違いなのか時代の変化なのかは不明である。
 手元に2体あるが、当時車の中に飾って置いたため熱でひび割れが生じてしまった。もう1体は縁起物の熊手を貼り付けて加工してしまった。新たに入手できれば画像を入れ替えたい。またもう1体ひじょうに小さな鈴幸製と思われる猫があるが所在がわからない。
 小さいがひじょうに丁寧につくられている。

鈴幸製の練り物
左手挙げ 右手で達磨抱き 赤の首玉に金の鈴
達磨の顔も丁寧に彩色されている 白猫で黒の斑 尻尾は黒で彩色
高さ50mm×横45mm×奥行33mm

 黒い斑の左手挙げ白猫
赤の首玉に金の鈴が描かれている
右手は抱いた達磨にかかっている
爪は赤で描かれている  








参考文献
全国郷土玩具ガイド2(畑野栄三、1992 婦女界出版社)
埼玉県民俗工芸調査報告 第14集 鴻巣の赤物(埼玉県立民俗文化センター、2003)
さいたまの職人 民俗工芸実演公開の記録((埼玉県立民俗文化センター、1991)